長期間、私が経験した苦悩の強迫性障害の実体験と様々なクリニックの通院で感じたこととは!?

0

    JUGEMテーマ:強迫性障害・強迫神経症

     

    ★当ブログでは強迫性障害に関する様々な記事をカテゴリー別に計500記事以上掲載してる日本一(?)記事の多い強迫ブログです!

     

    【期間限定】私が長期間、強迫性障害で辛い思いをして、紆余曲折の末、改善させた貴重な体験レポートをプレゼント中です!!興味がある方は「改善レポート希望」とのタイトルでメールください!

     

    【超重要】医者の薬物療法で治らない人、或いは、カウンセラーの暴露反応妨害法は、辛すぎてできない人でさえ、数十年という長い年月、苦しみ続けた強迫観念が着実に改善してきた実績のある【オリジナルのカウンセリング手法】については知りたい方はコチラを御覧ください!!

     

    当ブログ管理人・KENについて/強迫性障害の講演について/【暴露療法】以外の効果的な改善方法を提案している強迫性障害専門のカウンセリングについて(無料相談)/全国の強迫性障害の集まりについて/LINEグループについて/当ブログの活用方法について/YouTube講座について/強迫性障害関連書籍について/強迫性障害関連教材について

     

    ★最後に「強迫性障害(OCD)」関連でお勧め書籍を紹介してます!!

     

     

    最近、笑いましたか?

     

    もし、笑ってないなら

    たまにはコメディーでも見ながら

    お腹をかかえるくらい笑いましょう♪

     

    勧める理由はコチラ!!

     

    毎日、辛い思いをしてる方も

    大勢いると思いますが

    少しでも改善のヒントになるよう

    一生懸命書いてますので、

    是非、参考にしてください!

     

     

    今日は改めて私の体験をお伝えしようと思います!

     

    どういった状況で、どういったことに苦しんで、どういった経緯で症状が改善したのか・・を知ることで、多くの人の改善に役立てられたら幸いです!

     

     

    改善に役立つ1つが克服体験です。

     

    私も以前に比べたら信じられないくらいよくなりました。

     

    かなり時間がかかりましたが、それでもよくなっただけ有り難いです。

     

     

    まるっきり別人格になったわけではなく、神経質だったり完璧主義な傾向性は今もありますが、とらえ方によっては、人に気配りができたり、物事に対して粘り強く頑張れたり・・と良いことも多いわけです。

     

    問題なのは、生活に支障をきたすような余計な観念によって行動が制限されてしまうことです。

     

     

    私は(早いもので)40年生きてきましたが、その多くが強迫性障害との共存でした。

     

    では、いつから症状があったのか?

     

    今、振り返ると小学生の頃から、症状がありました。

     

     

    その1つが選択恐怖であり、極度の優柔不断です。

     

    実際、選択恐怖で深刻に悩んでる人に会ったことはないですが、優柔不断な人は世の中に少なくないと思います。

     

     

    記憶にあるのは、小学校の高学年だったでしょうか、ファミコンの雑誌が欲しくて、本屋さんにあった2冊のうち、いずれか1冊買おうと思いました。

     

    さすがに2冊買う金銭的な余裕はなかったので、1冊を選ばないといけないのですが、どうしても選べず、30分くらいでしょうか、ずっと悩んでいた記憶があります。

     

     

    また、ある時はお菓子?を買おうと、ずっとお菓子コーナーで悩んでいたため、お店の人に不審がられたことがありました。

     

    ひたすら悩んでいただけなんですが、盗もうとしてると勘違いされたのかもしれません。

     

     

    まだ、小学校くらいであれば、自分で買い物をする機会も少ないですし、それほど生活に支障はなかったように思います。

     

    それとは別に確認強迫の症状があったことも記憶にあります。

     

    ある時に、林のなかを歩いていたのですが、なぜか全ての景色を見ないと前に進めない衝動に襲われ、何度か戻って、もう1度、景色をみながら、少し時間をかけて林を抜けた記憶があります。

     

     

    中学の時にも国語辞典を本屋で1冊買うために、凄く悩んだ記憶があります。

     

    国語辞典となると、本屋によっては、数種類から10種類くらいあるでしょうから、私によってツボにはまったのです。

     

    はっきり覚えてないですが、30分〜1時間くらい悩んだような気がします。

     

    普通の人なら5〜10分くらいでしょうか?

     

     

    年齢と共に自分の行動範囲が広がり、自分の意志で決断をしなければならないことが多くなり、徐々に苦しむことが多くなってきました。

     

    大きくぶつかったのが、大学受験でした。

     

     

    大学受験ともなると、いろんな塾や予備校がありますし、何より困ったのが教科ごとの参考書が非常に多いことです。

     

    英単語や英文法など、多くの参考書のなかから1冊をじっくりやることが大事ですが、どうしてもいろんな参考書が気になって仕方なかったのです。

     

    普通なら、勉強が優先事項なので、何か1冊を選んで、あとは繰り返しやるでしょうけど、私の場合、常に他の参考書が気になって落ち着かなかったのです。

     

     

    受験は誰もがプレッシャーを感じるものですが、私は完璧主義だったこともあり、願望が高かったことも、余計にプレッシャーをかけました。

     

    その頃、初めて、クリニックを訪問しました。

     

    ですが、通い続けたわけではなく、1度きりの通院でした。

     

    いろいろ話したいことがあったのですが、クリニックも1人に対して、それほど時間をかけられない現状もあり、言いたいことの全てを伝えることはできず、精神科医から「失敗してください・・」と言われたのが記憶にあります。

     

     

    普通、学生を終えると仕事に就くことになりますが、この仕事が、私にとってはあり得ないほど高い壁でした。

     

    数えきれない仕事のなかから、自分にとって1番の仕事に就かなければならない・・という観念があったからです。

     

     

    また、普段もファミレスでメニューを選ぶときに、かなり時間がかかってしまったり、お昼をコンビニで買う時など、おにぎり、サンドイッチ、お弁当など組み合わせが多すぎて、とても考えすぎてしまうことがあったと記憶してます。

     

     

    進路に関しては、本当に壁が高すぎて、エベレスト級の山が目の前にあるような感じでした。

     

    その結果、長期間、迷い続けることとなりました。

     

     

    「とりあえず・・」という感覚がなかったように思います。

     

    完璧主義で失敗を恐れていたのでしょう。

     

    あとは、余計なプライドも邪魔していたように思います。

     

     

    今でも忘れませんが、ある時、年賀状を作成しようとCDのデータが付録になっている雑誌を買いに行きました。

     

    年末になると、同じような雑誌が本屋の、年賀状コーナーにたくさん置かれています。

     

    それが、非常に厄介で、それぞれに違ったデザインがあり、特典があるため、どうしても1冊選べなかったのです。

     

    A雑誌のデザインはほしいが、B雑誌にある特典がほしい、C雑誌はデザインが豊富だから捨てがたいし、D雑誌は来年以降も使えるデザインが入ってるし、E雑誌は特集がいい・・などと比較し続けていると、いくら時間が経過しても1冊選べず、結果的には3時間くらい、そのコーナーに立ち止まってました。

     

    頭からは湯気がでてる感じで、もう帰りたい気分でしたが、今、何か選ばないと、再び、この苦痛を味わうことになる・・といった感じでした。

     

    その時は、まだ強迫性障害という病気を知らなかったため、なんて自分は変なんだ?と思ってたはずです。

     

     

    バイトをしながら、なかなか進路の方向性も定まらないまま、月日が流れました。

     

    困ったのは、なかなか自分の思考の癖が変えられなかったことです。

     

     

    親も心配して、2ヶ所目のクリニックに行きましたが、その時は、調子が悪くなかったようで「こんな状況ですが、大丈夫です・・」と自分から話したことを覚えてます。

     

    その他、身近にいた医師に話しても「大丈夫・・」と言われたり、精神科医に相談しても「問題ない・・」と言われて、自分の深刻さが、周囲にはなかなか理解されませんでした。

     

     

    このままではまずい・・と思ったのか、28歳頃、新たなクリニックにいき状況を話しました。

     

    そこで初めて「強迫性障害ですね・・」と言われて、自分に該当する病名があったことに驚くと共に、周囲にも説明できる・・と安堵感を感じました。

     

    そこから薬物療法を始めることになりました。

     

    薬のこともよく分からず、SSRIとか、抗うつ薬とか、セロトニンがどうの・・と言ってたように思います。

     

    なんだかよく分からなかったんですが、長期間、服用しながら様子をみる・・とのことでした。

     

    当時の自分としては薬で治るなら従うしかない・・と思い、言われるがままに薬を飲み始めました。

     

     

    30歳に近づいて、ようやく治療への第一歩を踏み出したわけですが、それでも、なかなかよくなるわけではありませんでした。

     

    あまり薬が効いてるという実感がなかったのです。

     

    しばらく通った後、通院をやめて服用もやめました。

     

    もともと、副作用はなく、断薬しても、あまり支障はなかったように思います。

     

     

    上記のクリニックに行く前に、何となく、やりたいことも見つかり頑張っていたのですが、いろんな事情によって、やむを得ずフルタイムで働くことを決断しました。

     

    それまでは、どうしてもフルタイムで働く心の余裕がなかったのです。

     

    うまく説明できませんが、時間はあったものの、暇だと思うことはなく、常に何かに追われてやってました。

     

     

    その1つが新聞のチェックです。

     

    これも、あまり多いケースではない確認行為になりますが、新聞を隅々までチェックすることが習慣化されており、それをせずに捨てることができませんでした。

     

    普通なら、毎日届く新聞にサラッと目を通して、気になるところを読んで終わり・・という感じなんですが、これが簡単にできず、新聞をチェックするスピードより、毎日新聞が届くスピードのほうが早くて、どんどん溜まっていく状況でした。

     

    しかし、チェックしないことには捨てられないんです。

     

    時折「この記事、読んでおいてよかった・・」ということがあり、そうなると、いつどこに自分にとって重要な記事があるか分からず、チェックしてないけど、溜まってきたから捨てちゃおう・・と思えない心境でした。

     

    記事によっては切り抜いて保存したり、それもだんだん溜まっていくんですが、捨てられないんです。。。

     

     

     

    ようやく、病院で診断を受けて、治療が始まったのですが、実は改善するまでに、まだまだ時間を要するのですが、医療とは別のことがきっかけとなり、自分が根本的に変わり始めることとなりました。

     

    どうすれば良かったか、どうやって改善したか、何が良かったのか、改善させるために必要なこと、いろいろとレポートにまとめましたので、興味がある方は、是非、メールで「体験レポート希望」と書いて送ってください!

     

    こちらのページの最後にメールフォームがあります!

     

     

    曝露反応妨害法が効果的ですが

    違った改善方法もありますので

    どうしても挑戦できなければ

    いつでも気軽に相談してください。

     

    ★貴方の未来は現在の貴方次第★です!

     

     

    是非、読んだ感想をください!


     

    現在のランキングの順位はコチラ!!
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ 

     

    いいね♪ならクリックお願いします!

     

    美肌+酵素ダイエット「ベルタ酵素ドリンク」

     

    当ブログ管理人・KENについて/強迫性障害の講演について/【暴露療法】以外の効果的な改善方法を提案している強迫性障害専門のカウンセリングについて(初回無料相談)/全国の強迫性障害の集まりについて/LINEグループについて/当ブログの活用方法について/YouTube講座について/強迫性障害関連書籍について/強迫性障害関連教材について

     

     

     

    以前、OCD講演で登壇して頂いた田村浩二氏ですが・・

     

    ☟実体験の書籍ならコレが一番人気!!☟

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則増補改訂 [ 田村浩二 ]
    価格:1944円(税込、送料無料) (2017/3/21時点)

     

     

     

    こちらで【強迫性障害】関連の書籍を多数紹介してます!!

     

     

     

    貴方の人生が幸せで楽しくなる様々な情報を発信している【Happy・Blog】はコチラ♪

     

    貴方が本当に心の底から叶えたい夢を実現させるチャンスが満載の極秘情報はコチラ!

     

    誰でもローリスク&ハイリターンで収入源を得る方法、副業をやる情報はコチラです!


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • G20大阪サミットが開催!そこで安倍総理が重視されたこととは!?米中の貿易戦争は!?対話の重要性とは!?メールやLINEグループがトラブルが起きた時に気をつけるべきことは!?
      KEN
    • G20大阪サミットが開催!そこで安倍総理が重視されたこととは!?米中の貿易戦争は!?対話の重要性とは!?メールやLINEグループがトラブルが起きた時に気をつけるべきことは!?
      ai
    • G20大阪サミットが開催!そこで安倍総理が重視されたこととは!?米中の貿易戦争は!?対話の重要性とは!?メールやLINEグループがトラブルが起きた時に気をつけるべきことは!?
      ai
    • 強迫性障害の当事者本人への家族の対応はどうするべきか!?叱っても余計に逆効果になりかねません!
      A
    • 【期間限定】強迫性障害の体験談をまとめた【特別レポート】を希望者にプレゼントします!更に【メール講座】の特典付きです!
      なる
    • 【期間限定】強迫性障害の体験談をまとめた【特別レポート】を希望者にプレゼントします!更に【メール講座】の特典付きです!
      トキタケオ
    • 【期間限定】強迫性障害の体験談をまとめた【特別レポート】を希望者にプレゼントします!更に【メール講座】の特典付きです!
      河西
    • 【期間限定】強迫性障害の体験談をまとめた【特別レポート】を希望者にプレゼントします!更に【メール講座】の特典付きです!
      北野宏幸
    • OCD(強迫性障害)ほか、あらゆる悩みに無料で電話相談(携帯)を受け付けます!相談したいが1度、話を聞いてみないと分からない!という方は是非、遠慮なく通話して下さい!!
      KEN
    • OCD(強迫性障害)ほか、あらゆる悩みに無料で電話相談(携帯)を受け付けます!相談したいが1度、話を聞いてみないと分からない!という方は是非、遠慮なく通話して下さい!!
      ひろみ

    recommend

    links

    profile

    書いた記事数:978 最後に更新した日:2020/05/23

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM